「成功者の近くにいると成功できる」理由

成功者の近くにいれば成功できる。

メンター(師)を持てば、成功できる。

そう言われるのは、

私たちの記憶を、効果的に「できない」から、
「できるかも」に変えることができるからです。

成功者を師に持って、
その人の近くにずっと居続ければ、

私たちが「車を運転できた時」と同じ現象が起こります。

ID-10038976

あなたが師に持ちたい人は、
あなたが達成したいことを既に達成している人です。

車の運転で言えば、

車の運転を既に鼻歌まじりで気軽に出来ている、
お父さんやお母さん、親戚のおじさんなどです。

その「既に成功している人」と生活をともにして、

その人の行動、思考、感情などを
実際に見て聞いて、感じることを繰り返すと、

「成功することも普通」に思えてきます。

そうなると、

私たちの記憶データは「成功できない」から、
「成功できるかも」に変わりはじめます。

判断基準の記憶に「できるかも」が作られる

business team looking up

記憶の中に「成功できるかも」というデータがあると、

私たちは成功のための行動を
自然に起こすようになります。

そして、その行動を繰り返すことで、

私たちは自然に「成功」にたどり着きます。

つまり、次のような流れです。

  1. 成功したい → 「できない」
  2. 成功者と生活を共にする
  3. 「成功できるかも」の記憶が出来上がる
  4. 成功したい → 「できるかも」
  5. 成功するための行動を自然に始める
  6. 行動を繰り返す
  7. 最終的に成功にたどり着く

私たちが車を運転できた時と
全く同じ動きなのがわかりますでしょうか?

車を運転できるようになるまでの流れはこんな感じです。

  1. 運転したい → 「できない」
  2. 運転できる人(父母)と生活を共にする
  3. 「運転できるかも」の記憶が出来上がる
  4. 運転したい → 「できるかも」
  5. 運転するための行動を自然に始める(教習所に通い始める)
  6. 運転、試験、勉強を繰り返す
  7. 最終的に運転できるようになる

このように、

私たちが自然に達成してきたことと同じように、
「成功」も普通に実現できるモノなのです。

言いかえれば「成功」は、

「車の運転」と同じレベルのモノなのです。

ID-100201955

しかし、

成功者と生活を共にすることは、
なかなか難しい部分もあります。

では、私たちは諦めるしかないのでしょうか?

そんなことはありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ