あるものに感謝し、価値ある目標を持つ

ないものを見て、嘆くのでなく、あるものに感謝すれば、

 

さらに与えられる。

 

 

欲しい欲しい、何がないこれがないと不平不満をいっているとさらに

 

奪われる。

 

 

欠乏感が欠乏を生み、充足感が充足を生む。

 

考える女性

ちょっとした些細なこと当たり前のことに感謝できる習慣を身につけると
幸福感が増し、さらに幸福になっていくそうです。

 

 

全てはあるのです。

 

 

ないと思えばないだけで、あると思えば今はないかもしれないが

 

いずれは手に入れることができます。

 

ガッツポーズをしている男性

全てはエネルギー、波動です。

 

全ては私たちの心のなかに存在しているようです。

 

 

手にいれられないとしたら、目に見えるものしか信じず、自分の無限の可能性を信じきれていないだけなのだそうです。

 

 

自分の可能性を信じることさえできれば、やるべきことを見えてきます。

 

それをやればいいのです。

 

あとは人事を尽くして天命を待てばいいようです。

 

考えるビジネスマン

結果については自分以外の存在(自分のなかにある偉大な力)に委ねればいいのです。

 

 

結果を追うのでなく、成長を追えば

 

ふさわしい時期にふさわしい結果が与えられます。

 

 

手に入れたものを持ち続けるのにも成長し続けることが大事です。

 

もうこれでいいやと思ったところから衰退が始まるようです。

 

 

毎日感謝し、さらなる価値ある目標に向かって歩きだしましょう!

 

HP:http://www.enjoy-u-free-life.com/

無料メルマガ 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

登録はこちら⇒http://goo.gl/hpauc9

 

 

【この記事を読んだ方にお勧めの記事】

自分の人生に期待する
ネガティブ思考も必要
成功するかしないかは考え方の差
自分を成長させてくれる夢を持つ
成功の早道

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ