あるものに感謝する習慣

人生はなぜだかいろんなことが起きます。

 

 

困難は神様がくれたプレゼントだそうです。

 

 

私たちは困難に巡り合い、
それを避けてばかりいると、
ますます弱くなりますが、
乗り越えていくことで
どんどん強くなっていくことができます。

そう考えると神様はわざわざ試練を与えることで成長のチャンスを
与えてくれていると考えることができます。

どう受け取るかで現実が変わってきます。

人生はないのを嘆くより今あるものに感謝し、
より以上のものを目指して生きることで、
ますますよくなっていくようです。

『今あることに不平不満を言っているとますます不幸になり、
今あることに感謝できるようになれば、ますます幸せになっていく。』斉藤一人

感謝の心で満たすことがすべてがうまくいくコツのようです。

感謝の反対は当たり前です。

その時は感謝してもそのうち慣れてくると当たり前に
なってしまい、さらにしてくれないと言って、
不満に変わっていきます。

不満でいっぱいになると不幸になっていきますが、
あるものに感謝し、自分から与えられる人は
幸せになっていきます。

 

 

自分を犠牲にするのもよくないようです。
聖書には自分を大切にするように
人を大切にしなさいと書いています。

 

 

自分のしてほしくないことは他人に
しないことです。

宇宙の法則だと自分がしたことは
どんなことでも必ず巡り巡って返ってくるようです。

 
今日、感謝できることは何ですか?

 

もしくは当たり前に感じてしまっていることは
何ですか?

 

 

私たちの見えている現実の世界は
私たちの心の投影です。

 

 

現実を変えたければ
感謝する習慣を身につけると
いいようです。

 


 

無料メルマガ 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

他にもいろいろ学んできた考え方を週1回配信しています。

人生をよりよくしたい向上させたいという方はメルマガにご登録ください。

メルマガ登録はこちら

 

リーズナブルな貸し会議室はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ