お金の使い方が人生を決める

お金の使い方が将来お金もちになるかならないかを決めているそうです。

 

まず、何にお金を使いますか

 札束を握る男性

 何をやるにしても借金してまでやるのはおすすめしません。

 

ある程度稼げるようになってきたら、考えてもいいかもしれませんが、

自分の財布の中でいかに回していけるかが経営者に必要な資質だと思います。

 ガッツポーズをしているビジネスウーマン

もし、借金するのなら思いつきでなく、きちんと計画的にやる必要があります。

実際にどう転んでも返せるメドがあるかどうかが鍵です。

 

 

最高を想定しながら最悪を想定して動く必要があるのです。

万が一失敗した場合、返せないような借金はするべきではないと思います。

 頭をかかえる若いビジネスマン

もし、こういう借金をしてしまうと心に余裕がなくなり、お金の奴隷になってしまうからです。

お金中心主義になり、お金に振り回されてしまいます。

 

 

借りるときは計画的に借り、出来る限り、自分の財布の中でやりくりしながら、増やしていける人が

最高の経営者です。

 

自転者操業のやり方が世の中の大半のやり方のようですがあまり、いい状態とは言えないと思います。

 

 

借金があり、働いて稼いだお金を衣食住ばかりに使っていたら、豊かになりません。

人生をより豊かにしお金持ちの仲間になりたければ、稼いだお金をまず何に使うか優先順位を決めていきましょう

 

そうすれば、人生の後半には豊かで自由な人生が手に入っていると思います。

 

お金の勉強をするにはロバートキヨサキの金持ち父さん、貧乏父さんはお勧めです。

 

無料メルマガ 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

登録はこちら⇒http://goo.gl/hpauc9

 

 
【この記事を読んだ方にお勧めの記事】
お金に対するイメージがあなたの収入を決める
お金の使う順番があなたの生涯年収を決める
お金に対するイメージが豊かさを決定する
セルフイメージは自分の望んだように変えられる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ