お金の使い方が豊かさを決める

消費、浪費をして、いざというときに投資ができない人はチャンスを逃してしまいます。

チャンスでなくても普段のお金の使い方がその後、経済的に豊かになっていくかどうかを決めるようです。

札束を持つ男性

キャッシュフローゲームというのをやったことがありますか?

 

必ずしもお医者さんや弁護士がお金持ちになっていくとは限らないようです。

 

お医者さんや弁護士は時間がなく、ストレスが多い職業なので、ストレス発散のために高級な外車を買ってしまったり、

必要以上に大きな買い物をしてしまうので、稼いでも稼いでもお金が増えない可能性もあるのだそうです。

笑顔のビジネスウーマン

消費か浪費か投資かを意識して使っている人とストレス発散のために

お金を使っているかで将来豊かになっていけるかどうか決まってくるようです。

 

ラットレース(頑張っているのに永遠にその場所から抜け出せず、永遠にお金のために働く人生)から

抜け出せるかどうかは消費、浪費、投資の違いを理解し、投資にしっかりお金を使えるようになるかどうかにかかっています。

頭上を指差すビジネスウーマン

本田健さんはお金のIQ、EQと言っていたと思います。

 

ラットレースから抜け出せば、お金が働いてくれるようになります。

お金のためでなく、本当にやりたいことができる人生を手に入れることができるようになるようです。

 

お金持ちは喧嘩しないという言葉があるように本当に豊かになると心に余裕ができて、夫婦げんかは少なくなるようです。

 

普段、消費か浪費か投資か意識して使っていますか?

さらに豊かになるために今あるお金を何に使えばいいですか?

 

【この記事を読んだ方にお勧めの記事】
お金に対するイメージがあなたの収入を決める
お金の使う順番があなたの生涯年収を決める
お金に対するイメージが豊かさを決定する
セルフイメージは自分の望んだように変えられる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ