すべての人に好かれる必要はない

嫌われる勇気という本が出ていますが、内容は読んでないですが、

嫌われたくないために無理して合わせる必要もないということではないかと思います。

 

驚くビジネスウーマン

実際すべての人に好かれるというのは難しいように思います。

 

 

すべての人に好かれるということはある意味、個性を失い、八方美人になることかもしれません。

 

 

自分の本当にやりたいことをやり、自分らしく生きるためには、全員から認めてもらう必要はないようです。

自分の大切な人にわかってもらえればいいようです。

 

頭痛で苦しむビジネスマン

相手はどう思おうと自由ですし、価値観も違います。

それぞれ育ってきた環境は違うのですから、考え方が違って当たり前です。

それを否定する必要はないですし、無理して合わせる必要もないようです。

 

 

相手も好きなこと、嫌いなことがあるのですから、お互い合うところを探し、そうでないところは

無理して付き合わなくてもいいようです。

 

 

お互いを尊重し合えるなら、すべて一緒でなくてもいいのです。

違いを理解し合える気持ちいい人と付き合っていけばいいのです。

 

会話をしているビジネスマン

人間関係でも夫婦関係でもよくあるのが価値観の押し付け合いです。

お互い自分の考えを持ってますから、それを言い合うとぶつかり合ってしまいます。

 

 

人間関係がうまくいくのはお互いの価値観を理解し、その人の価値観に合わないことは強制しない

押し付けないことかもしれません。

 

 

このことを知らなくて、私も一時は奥さんにおしつけているところがありました。

そのままいっていれば、離婚していたかもしれません。

 

電話をするビジネスマン

このことを知ってから、奥さんを理解しようと思うようになりました。

そのおかげで、今ではほとんどといっていいほど喧嘩らしい喧嘩はなくなりました。

 

 

奥さんも自然と私のことを理解してくれようとしていると思います。

そのおかげで無理に合わせて、我慢しているのでなく、自然に常に一緒にいていごごちがよくなりました。

 

 

コミニュケーションは相手を動かすためでなく、相手を理解するためにあります。

相手を理解し、相手に与えることができると相手も自然に答えてくれるようです。

直接でなくても、別のとこらから返ってきたりします。それが宇宙の法則のようです。

 

 

与えるときのコツは相手に期待しないことが大事なようです。

 

OKサインをしている女性

無理に合わせる必要もないのですし、

嫌う必要もないのです。

その人はその人でいいのです。

 

 

成功の9ステップを教えているジェームスキナーは派閥ができるのはエセコミティーだと言っていました。

常に本音で語れる仲間が本当のコミニティーだそうです。私もそう思いました。

偽の人間関係が多いように思います。

 

 

簡単ではないかもしれませんが、自然に無理せず本音で付き合える人間関係が周りにいっぱいできたらいいですね!

 
【成功への道へ近づきたい方にお勧めの記事】
成功は移動の距離に比例する
成功者の心構えと意味付を真似る
成功したければ成功者を研究する
運を味方につけると成功する

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ