どんな状況でも希望をもって生きているとよくなっていく

『人生がどんなに絶望的に思えても、
顔を上げて可能性に目を向けましょう!
そこから目を離してはいけません。
可能性は常にそこにあるのですから』

自己啓発の大家 ノーマン・ビンセント

『私たちは未来に希望を持っているから前に進み、
人生でぶつかる困難や絶望を乗り越えていけるのです。
足りないことに焦点を当てるとすぐに限界が見えてしまう。
今あるものに感謝すると世界は一変する』

手足のない講演家 ニック・ブイチチ

 

 

どんな人にも多かれ少なかれ
人生で最悪な時期はあるようです。

私自身も希望は持って毎日努力はしているが、
この先どうなるのかわからず先が見えないとき
自分の情けなさからか、
ある歌手の歌を聴きながら一人で
泣いているときもありました。

それでも自分の可能性を信じて、
今、できることを精一杯やっていたら
30代で夢を叶え、経済的自由を手に入れ
今の奥さんと出会うことができました。

今、こうやって、夢を持ち続ける人生を
手に入れることができているのも
どんなつらい時でも、希望を捨てずに
諦めず努力し続けてこれたからだと思います。

希望を捨てずにあきらめないで顔晴っていると
あるとき奇跡が起きます。

 

 

まさに神様が見ていて、その人に
ベストはタイミングで成長のために試練を与えたり、
乗り越えると褒美をくれるようです。

多くの人は今あるもの、見えるものしか信じていませんが、
成功している人の話やうまくいっている人たちは
見えていないものを信じている人が多いようです。

 

 

先祖を大事にしていて、
意識して墓参りにいくそうです。

 

 

私も見習って、1年に一回は意識して
墓参りは欠かさなようにしています。

 

 

成功し続ける人は
心構えや考え方を大事にしていて、
日々学び続けています。

種を蒔いてもいい土でなければ、根を生やしませんが、
いい土にまかれた種だけが育って実り、
蒔かれた以上の実になるように

人生においても種が蒔かれたとき、
心構えや考え方(いい土)ができていないとうまく育ちませんが、

 

未来に希望を持ち、信じる気持ちさえあれば、
学ぶことで心構えと考え方ができるようになり(いい土に耕されて)、
種が育ちやがて実がなるときがきます。

柔軟になり、いい情報を与え、
ビジョンをもって行動をしていけば、
必ず結果につながるときがきます。

何を信じるかは私たちが選択できます。
そしてその信じたものが現実を作り出していると
言っていいようです。

未来と自分の可能性を信じて、
希望を捨てずに生きていれば、
今は絶望的だとしても、
夜明け前は暗いという
言葉があるように必ず人生は好転して
いくようです。

 

 

どんな状況でも希望をもって生きていくことで
人生はよりよくなっていきます。

 


 

無料メルマガ 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

他にもいろいろ学んできた考え方を週1回配信しています。

人生をよりよくしたい向上させたいという方はメルマガにご登録ください。

メルマガ登録はこちら

 

リーズナブルな貸し会議室はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ