コントロールできるものとできないものを意識するとうまくいく


他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられる。

 

失敗したらどうしようとか、失敗したことを後悔しても何も変わりません。

それどころか失敗を恐れると何もできなくなります。

失敗したことを後悔すると諦めてしまうか、また、行動できたとしても同じ繰り返しをしてしまう可能性があります。

良い未来を想像したら、余計なことを考えず、今、目の前のできることに集中する。

ID-100171408

毎日継続、追求し、何か一つでも実践し続ければ必ず、良い未来が訪れます。

未来が良くならないのは、すぐに諦めてしまっているか、いろんなことに手を出して、散漫になっているだけのようです。

一年では大した変化は起こらなくても、3年〜10年集中してやれば、いろんなことができている可能性があるのに、多くの人がちょっとうまくいかないからといって、諦めているだけなのです。

成功者が成功したのは成功するまで諦めず、夢を叶えるためなら時間を惜しまず、必要と感じれば、自分を変化させ

目の前のできることに集中してやり続けるうちに多くのことができるようになり、成果につながっていったからなのです。

石の上に3年と言いますが、それなりの時間と年数は必要なのです。

簡単なことであれば、1年でできることもあるようです。

大学受験なんかは1日5時間集中してやったら、落第生が早稲田に受かったという例もあるようです。

要するに何がなんでも受かってやるという情熱と集中力があれば、短期間でも受かるようです。

もしかしたら、他のことも集中して学び、本気になれば、誰でも短期でできるかもしれないのですが、

誰かに頼っていたり、やったりやらなかったり、成功したいと言いながら、時間とお金を投資せず、

それなりの代償を払っていないので、成功できないのかもしれません。

私たちが手にいれるもののほとんどは何を優先するかで決まってきます。

まずはなんでもそうですが、最低限の知識は必要です。

少なくても自分の中に何の迷いもなく行動出来るくらいになる必要があります。

絶対ではないですが、ある程度のビジネスの流れも理解し、そのイメージができているかで、

成果が大きく変わってきます。

行動すれば、全てがうまくいくとは限らない、当然うまくいかないこともあります。

どちらかと言うとうまくいかないことのほうが多いかもしれません。

それでも行動し続けた人が最後には成功するのです。

うまくいかなかったのは失敗ではなく、何かを教えてくれているメッセージ

私たちが成長するために必要なことのようです。

そこから何かを学べばいいのです。

行動したら結果の善し悪しに関係なく、一歩成功に近づいているようです。

失敗したということは行動している証拠です。

失敗が多いほどたくさん行動しているのですから、行動した分だけ成功に近づいているのです。

どんどん失敗し、そこから学んでいけば成功はそうは遠くないはずです。

失敗を恐れずどんどんチャレンジしていきましょう。

私もたくさんチャレンジしていきたいと思います。

より多くの人が自分らしく幸せで豊かな成功者になりますように!

 

【成功への道へ近づきたい方にお勧めの記事】
成功の早道
成功者の未来の描き方
心にいい種を蒔き続ける
成功者の信念
成功する人は失敗から学ぶ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ