一つのことを集中してやる

多くの人が自分の思ったとおりいかないのは散漫になっているからのようです。

 

 

マスコミの情報や周りの意見に振り回され、自分が何をしたいのか、本当は何をしたら

満足なのかがわからなくなってしまっているようです。

頭を抱える女性

 

そうならないために自分の軸をつくり、ぶれない心をつくることが大事です。

 

 

そうしないと人は価値観が様々ですから、あっちに合わせ、こっちに合わせと大変なことになってしまいます。

そこにエネルギーを取られてしまい、本当のやりたいことができなくなってしまいます。

 

 

人は人、自分は自分という姿勢も大事なようです。

 

本を片手に悩む男性

ロバートキヨサキも人がどう思うかより自分がどう思うかが大事だと言っていますが、

常に人の顔色を窺っているようでは自分の才能や能力は発揮できません。

 

 

人間が最大の能力を発揮するのは自分が好きなことを率先して、やったときです。

 

喜ぶビジネスマン

オリンピック選手も、一流の選手は小さい時からそのことに没頭し、専念してきたからこそ

オリンピックで活躍できるのです。

 

 

自発的にやっている人とやらされている人では雲泥の差が出るようです。

自発的にやっていると自分の最大限の能力を発揮しますが、やらされていると嫌々やっているので、手を抜いてしまいます。

 

 

自発的に一つのことに集中して取り組んだほうが最大限の能力を発揮し早く成果につながります

決めたこと以外やらないと決め、集中して取り組んだほうが成果につながりやすいようです。

 

【この記事に興味をもってくださった方にお勧めの関連記事】
行動力のない人はいない
大きく成功したければ、常識と違うことをやってみる
90%の人が成功できない理由
成功者の行動

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ