一生お金に困らない考え方

突然ですが、サラリーマンはあくせく働いているのに豊かになれません。

 

 

毎日満員電車に揺られて、朝から夜遅くまで働いているのに、

豊かになっていないのはなぜでしょうか?

 

お金とビジネスマン

疑問を持たないことが豊かになれていない原因かもしれません。

 

 

サラリーマンは会社の歯車になって、生活は保障されても、

一生豊かになれず、年を取ると国の援助なしでは生きていけない仕組みです。

 

 

私の両親は国の援助なしに生きていましたし、

逆に死ぬまで税金を払っていました。

 

 

最後まで、誰にも迷惑をかけず、自力で生きていました。

 

 

この違いは自分のビジネスを持っているかどうかということです。

 

多くの人は雇われることを選びます。

 

 

そして、そこで納得いかない給料で妥協してしまいます。

フルコミッションの営業ならともかく、そうでなければ、安定と引き換えに

安く定められてしまいます。

 

 

その結果、ロバートキヨサキの言っているラットレースから抜け出せず、

国の援助を受けるしかなくなります。

 

 

豊かになり、国の援助なしに生きていける人たちはどんな人でしょうか?

 

 

はじめは雇われていたかもしれませんが、自分のビジネスを持つことを決意し、

すでに知っていることでできることはないかを考え、それを実行に移すか、

 

 

わからなければ、まずは理想の人生を決め、

それを手に入れるために必要な情報を学んで、

それを実行に移していった人たちです。

積み上げられた本

 

自分がどんな考え方を身に付けたらいいのか、

何を習慣にしたらいいのかを考え、自分を進化させていった人たちです。

 

 

本当の安定は現状維持ではなく、進化し続けることだそうです。

 

 

豊かになりたければ、まずは常識を疑い、

みんなと違う方向に行ってみたほうがいいようです。

 

 

昔に比べて、チャンスはたくさんあるのに

汗水たらして働くのが当たり前とか

お金儲けしている人は何か悪いことをしているに違いない

と思っているとチャンスを逃してしまいます。

 

 

清貧思考では豊かになれません。

 

 

実際に20%の人が80%の富を持ち、

80%の人は20%の富しか持っていないそうです。

 

 

この差は能力の差でなく、考え方、常識の差です。

 

 

実際、豊かになっている人たちは悪いことをしているのでなく、

人の役立つものを提供して、その結果豊かになっています。

 

お金を積み上げている男性

人をだまして、稼いでいる人はずっと稼ぎ続けることはできません。

いずれ捕まるか、捕まらないまでも罪の意識はなくならないので

消えていきます。

 

 

精神的に豊かになれないので、お金は手に入っても幸せにはなれません。

ある人から教わったのですが、天に恥じない生き方をして、はじめて精神的にも

豊かになり、幸せになっていけます。

 

 

常識を疑い、成幸者の考え方や常識を学んで、

自分のものにすれば、誰もが豊かになれるチャンスはあります。

 


 

無料メルマガ 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

他にもいろいろ学んできた考え方を週1回配信しています。

人生をよりよくしたい向上させたいという方はメルマガにご登録ください。

メルマガ登録はこちら⇒http://goo.gl/hpauc9

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ