不安は良いものそれとも悪いもの?

一般的には不安は良くないものと思いがちですが、

成功している人はこの不安を行動の動機に変えているようです。

 

 

人は不安も何もなくなれば、行動を起こさなくなります。

 

ソファの上に横たわって疲れているビジネスマン

希望や夢、ビジョンは行動の継続につながります。

不安は今の行動を促してくれるものにもなります。

 

 

老後も豊かに暮らせる人は将来の年金が

不安だから国に頼らず生きていけるように

何かしなければいけないと思って行動します。

 

 

何かいい方法はないかと考えているうちに行動を

起こすようになっていきます。

 

結局は考えていることが行動に結びついていきます。

 

 

何もしない人、何も行動を起こさない人が

成功することはありません。

 

 

諦めてしまったら終わりです。

 

 

一歩一歩なんでもいいからやるべきことをやっている限り、

成功に近づいている可能性が高いのです。

 

 

今があまりよくないという人でも諦めずに

精一杯生きている限り、

良くなる可能性はあります。

 

 

植松さん(植松電機代表)は

『新しいことを始めたら、反対されるし最初からできることはないのですから、

他人に対してはどーせ無理でなく、どうしたらもっとできるようになると思う。

自分に対しては

どーせ無理でなく、どうしたらもっとできるだろうかと

考えると人生は必ず好転していきます。』

と言っていました。

 

 

人生の善し悪しは能力の差でなく、どう考え、

どう捉えるかにかかっているようです。

 

 

現実を作り出すには行動は大事ですが、

行動より大事なのが

日ごろ何を考えているかです。

 

 

私たちの住んでいる世界は思考が現実化する世界です。

いいことだけでなく、悪いことも実現してしまうので、もっと

思考に注意を払い、いい思考をしていく必要があるようです。

476406207

 

さらに心をクリーンにし、本来の力を

引き出すことができれば、夢は叶いやすくなるようです。

 


 

無料メルマガ 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

他にもいろいろ学んできた考え方を週1回配信しています。

人生をよりよくしたい向上させたいという方はメルマガにご登録ください。

メルマガ登録はこちら

 

リーズナブルな貸し会議室はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ