人は過去の記憶で「できるか」を判断する

人は何かをしようとする時、

それが「できるかどうか」、
「過去の記憶」を元に判断する傾向があります。

ID-100117809

  • 歯を磨く
  • 車や自転車を運転する
  • 冷蔵庫から飲み物を取り出す

これらをあなたは日常的に行っていると思います。

それを行動に移すのに、恐怖も何も感じません。

なぜなら、あなたの「過去の記憶」には、
「それをしたことがある」というデータが入っているからです。

だから「できる」とあなたは思います。

でも、さっきの、

  • 飛行機の運転
  • 大勢の前での公演
  • 大統領と討論

これらはしたことがありません。

だから、あなたの「過去の記憶」には、
「それはしたことがない」というデータが入っています。

だから「それはできない」とあなたは思います。

これが新しい行動を始める時に感じる「恐怖」の正体です。

ID-100105080

「できない」と思っていることを、
やろうとするから恐怖を感じるのです。

多くの人は、

その「記憶の声」に従って、
行動を起こしません。

そして、現状を維持しようとします。

それが自分が特に望んでいないモノであれば、

特に問題はありません。

でも、「成功したい」というような、
自分自身が望んでいるモノを達成しようとする時、

恐怖を感じて行動できないのは、

私たちにとって問題です。

行動する秘訣

hand pointing

でもよく考えてみてください。

  • 車の運転
  • 受験勉強
  • パソコン作業

今、あなたが普通に出来ていることでも、

あなたは最初に恐怖を感じたはずです。

アクセル踏んだらどこに飛んでくかわからない。
ハンドル操作を間違って、壁に激突したらどうしよう。

受験で落ちたらどうしよう。

パソコンのこのボタンを押したら、
全てのデータが消えて、壊れてしまうんじゃないか。

そんな恐怖をあなたは感じていたと思います。

でも、今は普通にできます。

なぜでしょうか?

車の運転を例にして解説します。

「車を運転できる大人」が周りにいた

ID-10054872

車の運転の場合。

あなたのお父さんやお母さん。
親戚のおじさんなど。

私たちは車を普通に運転している人達を
たくさん見てきました。

だから私たちにとって、

「車を運転することは普通」

という感覚があります。

まだ車の免許を持っていない頃の
私たちの「記憶」には、

たとえばこんなデータが入っています。

「今自分は車を運転できないけど
周りの大人が運転できているから、
まぁ自分にもできるだろう」

だから、恐怖を感じながらも、
車を運転できるようになります。

「車を運転できない」というデータはありません。

子供の頃、歯磨きを教わった時、
両親は普通に歯磨きをしていました。

受験勉強をした時、先輩達は受験に受かって、
楽しそうな学園ライフを送っていました。

パソコンをやろうとした時、
まわりの友達は普通にパソコンをしていました。

「できない」が「できるかも」に変わったから達成できた

ID-10077430

つまり、「私たちが達成してきたことの全て」は、

最初の最初は「できない」というデータが
記憶の中に入っていたとしても、

周りの人間の行動を見続けていく中で、

「自分にもそれはできるかもしれない」

という内容に「記憶のデータ」が変わったため、
それを行動に移してきた結果なのです。

「自分にそれはできない」という記憶が、

「自分にもそれはできるかも」という内容に変わったからこそ、

私たちはこれまでに多くのことを達成してきたのです。

できなかった頃のあなたと、今のあなたは同じ

happy businessteam

人は何かを達成するまでは、

その達成することの価値を「過大評価」し、

そして、それを達成してからは、
逆にその達成したことを「過小評価」する傾向があります。

成人したら、二十歳になったら、

何かが「物凄く変る」と思っていたのに、
実際なってみたら、何も変わらなかった。

「大したことなかったな」

そう思うのと同じです。

つまり、あなたはこれまでに
多くのことを達成してきていますが、

それらに今、

価値を感じていない可能性があります。

  • 車の運転
  • 受験勉強
  • パソコン作業

これらができない頃のあなたは、

成功を目指して頑張っている今のあなたと、
全く同じ状況だったはずです。

ID-100113099

先が見えなくて苦しかったり、
思うように行かなかったり、
くじけそうになったり、

そんな時代があったはずです。

でも、それを乗り越えて、
あなたは多くのことを実現してきました。

だから「成功」も同じです。

これまでと同じように、達成できるモノなのです。

「できない」という記憶を「できるかも」に
変えられれば、多くのモノは達成できます。

少なくとも私たちが達成してきたことの全ては、

このようなメカニズムで実現されています。

また、

「成功者の近くにいると成功できる」

という話も、
このメカニズムで説明できます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ