人生は目的なしで生きていると余りにも短い

昔は65歳くらいが寿命といわれていたようです。
もっと昔は50歳くらいだったかもしれません。

 

60歳くらいからは残り少ない余生をのんびり生きようというのが
昔の考え方だったようです。

年倍のビジネスマン

今では100歳生きるのも当たり前、120歳までも生きるといわれています。

 

60歳を迎えて、あと残り40年から60年ただ生きているだけは
もったいないですね!

 

実際人間はどこまでも成長していけるそうです。

 

長く生きられるようになったということは昔の人より
もっといろいろな事ができるようになったということです。

 

ただ、100歳まで生きられる保証があるわけでもありません。

 

もし、明日までの命だとしたら何を本当はしたいですか?

 

ただ、ただ働いて食べるだけの為に生きているのでは、
動物と変わりはありません。

 

せっかく日本という豊かな国、人間として生まれてきたのですから、
何か目的(夢)を持ったほうがいいと思いませんか?

 

目的なしに生きていると人生はあまりに短いようです。
あっという間に年をとってしまったということになりかねません。

 

ある老人ホームでアンケートをとったところ、失敗したことより
何もチャレンジしなかったことを後悔しているという回答だったそうです。

 

そうならないためにも生き生きした老後を送るためにもどんな小さなことでも
いいので目的(夢)を持ちましょう!

 

目的(夢)を持てば、濃厚な充実した人生を生きることができます。

 

目標を達成していたとしても、
目標をもっていない人はもはや成功者ではない
作者不明

 

成功は価値ある目標を設定し、段階を持って達成していくこと
ジグジグラー(人生に影響を与える講演家)

 

年をとって死んでいくとき、やるだけのことをやってきたと
思える人生にする為にも
無限の能力を引き出していきたいですね!

こぶしを前に出すビジネスマン

目的(夢)を持ってなかった人が、
目的(夢)を持った時人生は輝き始めます。

 

夢を持っている仲間と一緒にいることで
人はそのようになっていきます。

人生を変えたければ、付き合う仲間を
変える必要があるようです。

 


 

無料メルマガ 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

他にもいろいろ学んできた考え方を週1回配信しています。

人生をよりよくしたい向上させたいという方はメルマガにご登録ください。

メルマガ登録はこちら⇒http://goo.gl/hpauc9

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ