何をやらないかを決める

自分は何をすべきなのか。

現代人は情報が氾濫していて誘惑も多く、やることはたくさんあります。

ただ、時間は24時間しかありません。

すべてのことをこなす時間はないのです。

ID-10040269

何をやるかを決める前に、何をやらないかを決める必要があります。

行動の目的が明確でないと、漫然と無料のテレビを見てしまいます。

成功者は洗脳から解放されるために、テレビや新聞は見るな、情報をシャットアウトしなさいと言います。

テレビや新聞を私たちを洗脳するための道具として、使っているのが大企業です。

テレビや新聞は、消費行動を起こさせるための道具なのです。

決して、国民の生活をよくするためのものではないのです。

95%の情報は人生に悪影響を与える情報であると言われています。

選択的に見ていないと大企業にとっては良くても私たちの人生が良くなりようがないのです。

私たちの無限の脳力を活かすにはまずは自分の人生の目標を決め、そのために今日何をすべきか考えれば、何をすべきで何をしないほうがいいか見えてきます。

あなたが本当にしたいことはなんですか?

どんな人生を生きたら最高の人生だったと言えますか?

そのために何をやめ、何を始めますか?

 

【この記事を読んだ方にお勧めの記事】
自分で考える力をつけると成功する
何歳になっても人は成長できる
夢はたくさんあったほうがいい
私たちは何歳になっても成長できる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ