健全な不満は人生を変える

人は満足してしまったり、
今のままでも十分と思ってしまうと努力しなくなるようです。

くつろぐビジネスマン

社会主義国家が崩壊したのもそれが原因かもしれません。
みんなが同じで頑張る意味がないなら、誰も頑張らなくなります。

 

脳は本来怠け者で、現状維持をしたいのです。
判断ができるわけでなく、変化を嫌い、
そのままを保とうとする性質があります。

 

それに任せていると人生は良くなることはありません。
どちらかというと衰退していくようです。

 

変化には痛みが必要です。
強制的にそうするのでなく、今に感謝はしながらも
より以上のものを目指すことで、
より成長することができ、よりいい未来を創ることができます。

 

雇われることに慣らされてしまうと
満員電車に揺られて、通勤したり、
上司の不平、不満を言っているのですが、
そこから抜け出そうとしなくなります。

 

決して満足できない状態で我慢することを覚えてしまい、
あきらめにも似た忍耐強さが身についてしまいます。

 

ある意味、嫌だと思うことはいいことのようです。

 

 

それを原動力に変え、自分以外のものを変えるのでなく、
自分が変わり、そこから抜け出せばいいだけのようです。

 

 

96%の富を1%の人が所有していると言われています。

 

その人たちの仲間入りをするには能力を身に付けるとか以前に、
適度な不満を持ち、周りを変えるのでなく、自分を変え,
そこから抜け出す覚悟を決めることが必要なようです。

ガッツポーズをしている男性

本当に心からそう思えば、人生はそうなっていきます。
私たちは思いが実現する可能性の場に住んでいるのです。

 

そのためには意識を分散させたり、
何かのせいにしてはいけないようです。

 

すべては自分が源で、自分次第なのです。
自分の人生に自分が責任を持つことからすべてが始まります。


 

無料メルマガ 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

他にもいろいろ学んできた考え方を週1回配信しています。

人生をよりよくしたい向上させたいという方はメルマガにご登録ください。

メルマガ登録はこちら⇒http://goo.gl/hpauc9

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ