先延ばしの習慣を克服する

先延ばしをしてしまうのは、先延ばしするような感情になっているか?

 

他のことをやってからやろうと思っているからのようです。

 

 

面倒くさい、おっくーだなと思えば、人は行動に移せなくなります。

 

まさに脳から指令を受けた通りに体が反応しているのです。

落ち込むビジネスマン

 

自分で自分を動かすためにも、動きたくなるような理由が必要です。

 

もしくは慣れていないことを後回しにすれば、するだけやる気がなくなってくるので、

 

やる時間を決め、優先順位を一番にもっていかない限り、習慣化は難しいようです。

 

考えるビジネスウーマン

いつかやろうと思っていたら、そのうち忘れてやらなくなります。

 

5分でも10分でも時間を作ることが先延ばしを克服する方法です。

 

やろうと思った瞬間に時間を作ってやれれば、ベストのようです。

 

 

多くの人はなれていることから始め、慣れていないことは後回しにしてしまいます。

メモをとる様子

慣れていないことをあとでやろうとしてもなかなかできません。

 

もしくはまとまった時間ができたらやろうとします。

 

 

先延ばしを克服するにはまとまった時間がなくても、まずはやる時間を決め、少しでも始めることが大事なようです。

 

 

成功する人は今すぐ行動する人というのはここからきているのかもしれないですね!

 

HP:http://www.enjoy-u-free-life.com/

無料メルマガ 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

登録はこちら⇒http://goo.gl/hpauc9

 

 

【この記事を読んだ方にお勧めの記事】
成功の秘訣
幸せに成功している人
長期的な思考が成功を生む
成功のプロセス
成功者のどこを真似たらいいのか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ