刺激と反応

コミュニケーションは刺激と反応です。
相手に何らかの刺激を与えたから反応が
返ってきます。

 

会話をするビジネスマンとビジネスウーマン

そういう意味で相手の反応は
写し鏡だと思ったほうがいいようです。

 

 

自分は悪くない、相手を悪いと
思っているうちはうまくいきません。

 

 

相手を変えようとする人は一生幸せになれない。作者不明

 

 

すべては自分が源、自分が変わることを選択することで
相手も変わっていきます。

 

 

私たちが相手に抱いている感情は
自分の中にあるものだそうです。

 

 

全ての出来事に意味がないとしたら、それに意味を付けて
そう感じているのは自分だからです。

 

 

どういう意味をつけるかは私たちの選択しだいです。
何か起きた時すぐに反応するか、選択的に反応するかも
私たちにかかっています。

 

 

人生がうまくいく人は選択的に反応しているそうです。

 

 

何か最悪のことが起きても悪くとらえず、今起こっていることは
自分の成長のために起きていると解釈します。

 

考えている男性

幸せは外的なものでなく、自分がどう受け取るかに
かかっているといっていいようです。

 

 

斎藤一人さんは嫌なことがあってもツイていると言うそうです。

 

嫌な人がいたとしても自分の周りにはそういう人はいないよ
いい人しかいないからと言うそうです。

 

 

そうすると脳は勘違いして、そういう答えを探そうとするので、
結果的によくなっていきます。

 

 

簡単ではないかもしれませんが、癖をつけていきたいですね!

 

 


 

無料メルマガ 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

他にもいろいろ学んできた考え方を週1回配信しています。

人生をよりよくしたい向上させたいという方はメルマガにご登録ください。

メルマガ登録はこちら⇒http://goo.gl/hpauc9

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ