反応的でなく、選択的に生きる

何かうまくいかないときや嫌なことが起きたとき、

 

誰かのせいにしたいり、環境のせいにしているうちは何も変わりません。

 

逆に事態は悪化していく可能性もあります。

 

 

何かのせいにしているうちは常に周りに振り回されることに

 

なるようです。

 

d00ccff4ba1aaeaa7cfe3ac28b2519ff_l

変えられるのは自分だけです。

 

一瞬、嫌な気持ちになったとしても、それをどう解釈し、どういう反応をするかは、

 

自分が選択することができるのです。

 

 

たとえば、上司に怒鳴られたとき、落ち込むか

 

その瞬は落ち込んでも、上司は自分にまだ、期待しているんだとか

 

もっと、自分を磨いていけばいいんだと思うこともできます。

 

a0003_001807_m

人間である以上、完璧ではないのでいろんなことが起きてきます。

 

何か最悪なことが起きたとき、なんて自分は運が悪いんだと思うこともできるし、

 

きっとこれを乗り切れば、もっと良いことがあるはずだと思うかでは、気持ちに全然違いがでます。

 

 

成功者は何か悪いことが起きたとき、このことから何が学べるだろうかとか

 

この出来事の良い点は何だろうかと質問するそうです。

 

561a17f6fa49559488b71a2d86b5e941_m

質問の仕方で感情もずいぶん変わってきます。

 

 

成功者は感情のコントロールがうまいようです。

 

感情の達人は人生の達人とも言われています。

 

 

毎日どんな気分で過ごしているかで、人生の質が変わっていきます。

 

いい人生を手に入れるために感情に注意を払っていきたいですね!

 

 

感情はなるものでなく、するものである。作者不明

 

HP:http://www.enjoy-u-free-life.com/

無料メルマガ 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

登録はこちら⇒http://goo.gl/hpauc9

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ