受容思考でうまくいく

受容は賛成するのとは違います。
考えが違っていいということを認めることだそうです。

 

友人でも仕事仲間でも人数が増えれば、増えるほど
話はまとまらなくなります。

 

もし、まとまっているとしたら、誰かは我慢しているかもしれません。
本当のチームは4、5人,

多くて10人くらいまでのようです。

二人のビジネスマン

それくらいなら意見を積極的に交わし、お互いの考えがよくわかり、
共通項を見つけることができます。

 

人が増えれば、増えるほど、人間関係は複雑になり価値観もさまざまですから、
意見の交換は浅くなり、誰かが我慢する組織になってしまうようです。

 

仕事はビジネスがうまくいっているときはコミュニケーションがうまくいっているときで
お互いの信頼関係が深まり、お互いの現実性(お互いが見ているもの)が高まったときだそうです。

 

楽しいからとか表面的なコミュニケーションでなく、
本当のコミュニケーションが取れたときにうまくいくようです。

 

夫婦もそうですが、どちらかが依存していたり、価値観を否定し合ったり
辛抱している関係は長続きしません。

 

お互いに自立していて、価値観の違いを認め合い
相互依存の関係になれたときに本当にいい関係になれるようです。

 


 

無料メルマガ週1回配信 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

興味のある方はメルマガにもご登録ください。

登録はこちら⇒http://goo.gl/hpauc9

公式ホームページはこちら⇒http://www.enjoy-u-free-life.com/

 

 

【この記事を読んだ方にお勧めの記事】

自分の人生に期待する
ネガティブ思考も必要
成功するかしないかは考え方の差
自分を成長させてくれる夢を持つ
成功の早道

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ