夢はいいことで問題は悪いこと?

今できることは夢じゃない。

ID-10047784

夢は現実的に今のままではできないこと、今の自分ではできないことで、

自分を変化させ、成長させないとできないことだそうです。
今の自分でできることは夢ではないそうです。
ところが多くの人は変化を嫌います。

潜在意識自体が変化を拒んでいるので、当然といえば当然です。

何もしない方が楽ですし、努力しなくてもできてしまうことをやっていたほうがいいに決まっています。

ただ、人間は面白いもので、安定を求めると同時に変化も求めます。

それが証拠にレジャー施設、映画館、旅行など、不景気だと言われていてもなくなりません。

日々刺激を求めて生きているからです。

毎日、何も考えず同じことをしていてはつまらないのです。

ビルゲイツは働かなくてもいいけど、働いたといわれています。

お金は十分あっても、何もしていない状態はつまらないのです。

充実した一日を送るにはどんな小さなことでもいいので常に何かにチャレンジしている状態です。

人が太ってしまうのは食べ過ぎもありますが、日々の退屈の現れかもしれません。

何もすることがないと人は食べること、寝ることを優先していまうようです。

その結果必要以上に食べて、寝てしまうので、太ってしまうようです。

毎日夢や目標を持って生きていると充実した一日を送れるので、惰性でそういうことをしなくなります。

その結果、健康でいられるし、気力も体力も充実してくるので、さらにいろんなことにチャレンジしたくなっていき、

毎日生き生きした人生が送れます。

いろんなことにチャレンジすれば、当然問題がおき悩んだりしますが、

問題は悪いことではなく、逆に何も問題がない事の方がよくないようです。

問題がないと何も求めないので、なかなか意識が上がらないからだそうです。

問題があることで、なんとか解決しようとして、それをきっかけに意識が上がっていくのだそうです。

問題(階段)一段一段が意識を上げるステップだったのです。

悩んだ分だけ人は成長し、気づきを得て、悟っていけるようです。

この世に生まれてきた目的はいろんなことを学び魂レベルで成長していくことのようです。

夢や問題は自分を成長させ、意識を高めてくれるステップに必要なものだそうです。

最高の人生を生きるために夢を持ち、問題を歓迎しましょう!

 

【この記事を読んだ方にお勧めの記事】
理想の人生を生きる
本当にやりたいことをやると人生はうまくいく
お金に対するイメージが豊かさを決定する
人生は思い込み次第でどうにでもなる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ