夢はたくさんあったほうがいい

自分はどうなりたいのか、どうしたいのか。

stockvault-pressing-keys-on-a-keyboard141706

成功者は意志が強いから成功したわけではない、本当にやりたいことがあり、

そのことに熱中できたから成功できたといってもいいようです。

 

人から言われたことが自分の目標や夢になることはありません。

 

そのほうがいい場合もあるのも事実です。

 

自分が何していいかわからず、自分の可能性に気づいていない場合、与えられて、目の前のことを

こなすことでやる気になる場合もあります。

 

言われたことが自分の価値観とあっている場合は

やる気になり、意志の力を使わなくても、自然と頑張れたりします。

 

ただ、言われたことが自分の価値観にあってない場合、どんなに言われてもやる気にはなりません。

 

また、人から言われてやっているうちは、自分の持っている脳力を最大限には発揮できないようです。

 

自分の脳力を最大限に発揮し、自分の人生を謳歌するにはやはり、自分が本当はどうしたいのか、どうなりたいのか考え、

夢をたくさん考えたほうがいいようです。

 

成功者は行動力があると言いますが、夢があるから行動力があるといってもいいようです。

私たちは感情の生き物ですから、夢を描いてワクワクすることが、行動力をアップするコツです。

 

大人は常識に洗脳され、周りに成功している人がいないからといって、いつの間には制限を加え、

夢を描かなくなってしまっているようです。

 

夢のない大人が今の子供は夢がないというのはおかしな情景だと思います。

子供が夢を持たなくなったのはまさに冷めた大人が増えた結果なのだということに気づいていないのです。

 

子供に夢をもってほしければ、まずは大人が高度経済成長期のように、夢を思いだし、生き生きワクワク生きることが大事だと思います。

 

周りに夢を語っている大人が増えれば、子供も夢が持てるようになり、世の中は良くなっていくと思うのです。

 

どんな小さな夢でもいいので、夢を描いてみませんか!

 
【この記事に興味をもってくださった方にお勧めの関連記事】
理想の人生を生きる
本当にやりたいことをやると人生はうまくいく
自信はどこから来るのか?
成長こそ成功のコツ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ