大きく成功したければ、常識と違うことをやってみる

ポジティブな人、才能がある人が成功しているとは限りません。

ID-100114178

いくらポジティブで才能があっても常識的すぎると成功できないようです。

 

成功者は非常識と言われます。

多くの人が理解できないこと、やりたがらないことをやったから大成功できたのです。

 

みんなと同じことをやっていたら、競争に巻き込まれるだけです。

上には上がいて、とてもじゃないけど、成功するのは難しいでしょう!

 

高校野球も何千校もあり、その中のひとにぎりしかプロ野球選手になれません。

ハンカチ王子と言われ、甲子園と大学で活躍した斎藤投手ですら、まだ活躍できていません。

 

巨人は層が厚く、誰もが入りたがるので、いい選手がたくさんいて、他のチームなら4番で活躍できていたはずが

なかなか活躍できないという例もたくさんあります。

 

もしかしたら、イチロー選手もオリックスに入ったから、じっくり育てられ、芽が出たのかもしれません。

 

成功するには常識的なことでなく、誰もが非常識と言っているけど、調べたら、可能性があるというものをやることが

大事なようです。

 

逆に常識を疑い、非常識人になったほうが成功者の仲間入りができるのです。

 

普通の人と違う視点を持ち、人が目を向けないもの、やりたがらない事をやることがより成功しやすい方法のようです。

 

【この記事に興味をもってくださった方にお勧めの関連記事】
行動力のない人はいない
90%の人が成功できない理由
成功者の行動
成功者の信念

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ