失敗に対する考え方

失敗したとき他人のせいにしてしまうと
自分の人生は常に他人しだいになり、
人の価値観は様々ですから、

振り回されることになり、
自分の軸がなくなってしまいます。

 

 

政治の世界を見ていてもさまざまな意見があり、
はっきりいってまとまりません。

 

 

自分というものを持っていないと
やっていけない世界だと思います。

 

 

何かを失敗した時、他人のせいにするのでなく、
自分のどこを改善すればいいのか
考えることで、より成長し、
なんでも対処できるようになっていくようです。

 

 

誰かのせいにしている限り、いつまでたっても、
悩みはなくなりません。

 

 

誰かのせいや何かのせいにするのでなく、
受け取り方を変え、学びに変えていくことで
人生は好転していきます。

 

 

その時は辛くても人は記憶に反応しているだけですから、
時間が解決してくれたりもします。

 

 

他人を変えようとするのでなく、自分自身が成長し、
変わっていくことで周りが変わっていくのだそうです。

 

 

人間は完璧な人はいません。
失敗する生き物だそうです。

 

 

その失敗から学べれば、失敗により強く、
より成功できる人間になっていけるようです。

 

 

たくさんの失敗をするということはたくさん行動しているので
より成功する確率が高くなっていきます。

 

 

逆に失敗を恐れたり、避けたいる限り、
成功の可能性は低くなります。

 

 

失敗を一度もせず、成功することはできません。

 

 

何か新しいことを始めれば、失敗は
当たり前のことだと思ったほうがいいようです。

 

 

人生最大の失敗は失敗を恐れて何もしないこと
一度や二度の失敗で何もしなくなることのようです。

 

 

この世に完璧な状態は存在しません。
常に改善していくしかないようです。
完璧だと思っても常に改善点が出てきます。

 

 

世界No1コーチのアンソニーロビンスも
完璧主義は一番低い基準だと言っています。

 

 

失敗を恐れず、立ち直れる失敗なら
どんどんしていったほうがいいようです。

 

 


 

無料メルマガ 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

他にもいろいろ学んできた考え方を週1回配信しています。

人生をよりよくしたい向上させたいという方はメルマガにご登録ください。

メルマガ登録はこちら⇒http://goo.gl/hpauc9

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ