専門家を目指すくらいの気持ちで取り組む

『人生で最も重要な2文字は集中
どんなことでも5年集中すれば、専門家になり、
10年集中すれば、権威者になり、
15年集中すれば、トップになる』

ロッキー・リャン(成功の真実の著者 講演家 実業家)

 

3年から5年後どうなっていたいですか?

 

望めよさらば与えられん
与えよさらば与えられん
聖書に書かれているようです。

 

望んで、そのために必要な行動を惜しんでいる
限りそうなることはありません。

 

今のままだと3年後5年後どうなっていますか?

今より良くなっていますか?

それとも何も変わっていないですか?

 

できれば、今と同じでなく、さらに良くなっていきたいですね!
今より、よくなりたければ、今と同じことをしていてはそうはなりません。

 

夢や志を持ち、そこに向けて今できる小さな一歩を積み重ねいくしかありません。。
夢や志から目をそらさず、それに向けて毎日できることを続けていれば、
今は結果がついてこなくても間違いなく、今より成長しているはずですし、
いろんなことができるようになっているはずです。

 

結果はコントロールできません。
私たちがコントロールできることは自分の行動や考え方です。

 

あとは天にゆだねるしかありません。
やる必要のあることをやらないで叶うことはありません。

 

1年では大したことはできないですが、3年以上集中して、
専門家になるくらい真剣に取り組めば、何でもできるようになります。

 

多くの人がなにか成し遂げられないことがあるとしたら、
何年経っても素人レベルでいるからのようです。

 

完璧は無理ですが、少なくても何も知らない人よりは
多くの知識と経験を積んでいけば、
専門家と言われるくらいになります。

 

弁護士にしても、医者にしても、プロのスポーツ選手にしても
それで食べていけるようになるには
そのことに集中し、その道の専門家になったからです。

 

お金が欲しいといってもやる必要のあることをやらない限り、
もらえるようにはなりません。

 

高校野球でいうとレギュラーをとれるようになるには
2年はかかったります。

それまでは球拾いや下積みを経験しなければいけません。

 

ビートタケシも売れない時代はストリップ劇場で
芸人の修行をしていたそうです。

帰れ、お前に要はないとまで言われていたようです。
その中で芸を磨き続け、今では映画監督までするまでになっています。

 

何でも集中して、時間と年数さえかければ、
それなりにできるようになります。

 

最低でも3年は知識をつけ経験を
積んでいくつもりで積み重ねていけば、
結果は自ずとついてくるようになります。

 

 

石の上にも三年といわれていますから
結果を焦らず、やめないで続けることが
大事ですね!

 


 

無料メルマガ 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

他にもいろいろ学んできた考え方を週1回配信しています。

人生をよりよくしたい向上させたいという方はメルマガにご登録ください。

メルマガ登録はこちら

 

リーズナブルな貸し会議室はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ