思考が現実を作る

なぜ、やるのか?

 

なぜ、成功したいのか?

 

成功したらどんな人生が手に入るかイメージできますか?

 

もしくは理想を描き続けていますか?

 

理想の現実のギャップの中で、現実を見すぎて、できないと思っていませんか?

 

説明をしているビジネスマン

現実をしっかり見て、受け止める必要もありますが、現実はできるかどうかの判断に

 

はなりません。

 

 

もし、現実を判断材料にしているなら、私たちはその状況から永遠に抜け出すことはできません。

 

現実を作り出しているのは思考です。

 

行動も思考から来ます。

 

メモを取るビジネスウーマン

できると思っている人は行動ができるし、できないと思ったら、行動できなくなってしまいます。

 

今がこうだからできないとか、こうなったらできると言っている限り、脳はできないことを実現してしまいます。

 

 

今がどうかは関係なく、なんでも叶うとしたら、本当はどうしたいのかと考えることです。

 

そして、そのための時間と努力は惜しまないと決めて、やり続けたときそのような現実が作り出されます。

 

 

もっと現実を見ろ、そんなのは特別な人しかできないことだと、5%の人しか成功できないんだよ!

 

と言われたことはないですか?

 

確かに事実はそうかもしれません。

 

悩むビジネスマン

それじゃ、同じ人間なのになぜ5%人しか成功しないのということです。

 

それは5%の人しか成功する思い込みを持っておらず、それ以外の人は

 

できないという常識を鵜呑みにしているからです。

 

 

とんでもない成功をしていて追いつけないという人はいるかもしれません。

 

もう何億も稼いでいたり、とびぬけた業績を上げている人がいるとして、

 

すぐにそれが目の前に現れるということはありません。

 

 

それをまねたからといってそれがすぐ達成できるとは限りません。

 

 

思いの世界が現実化するには時間が必要なようです。

 

考えているビジネスマン

それを時間をかけずに成功しようとしているから、成功できないだけなのかもしれません。

 

 

しっかり、成功者がやってきた足取りをたどっていけば、誰でも成功できる可能性は

 

あるのですが、うわべだけ真似ようとして、挫折してしまうようです。

 

短縮はできますが、早道はないようです。

 

案内をするビジネスマン

成功者をまねたときに全く同じ考えで、同じ行動ができれば、その通りになる可能性がありますが、

 

筋肉をあっという間につけられないように、私たちの能力もすぐにはつきません。

 

 

急がばまわれと言う諺があるように、本当の実力と継続した成功を手に入れるには、しっかりした

 

土台を築きあげるしかないようです。

 

 

石の上に3年といわれるようにそれくらいの間にどれだけ自分の考えを変え、

 

成功者の常識を身に付けていけられるかにかかっているといってもいいようです。

 

 

それくらいかけてもいい価値のある目標は何ですか?

 

 

望んだ人生を手に入れたければ、まずは、制限のある考え方を外していくことが大事なようです。

 

HP:http://www.enjoy-u-free-life.com/

無料メルマガ 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

登録はこちら⇒http://goo.gl/hpauc9

 

 

【この記事を読んだ方にお勧めの記事】
毎日のいい習慣がいい人生をつくる
世界観が変わると人生が変わる
なんでもいいからやってみる
すべては私たちの心しだい

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ