成功した人ほどたくさん失敗している

失敗したということは

チャレンジしている証拠です。

 

 

失敗しないようにしようと

考えてばかりいると何もできなくなります。

 

やらなければ、失敗の可能性は減りますが、

成功もしません。

 

実際はやってみない限り、

わからないことばかりです。

 

 

確実な方法はあったとしても

100%成功する方法などないようです。

 

人間は失敗を経験に変え、そこから学び成長し、

成功していくことができる生き物です。

 

 

失敗の数に成功の数は比例します。

成功した人は数多く失敗した人です。

 

 

失敗を恐れる、もしくは失敗してはいけないという常識は

現状維持を好む人たちの常識でしかないようです。

 

 

成功者はより多く失敗しなさい、

失敗はない学びと経験があるだけだと言います。

 

 

この考え方が身に付けば、

一度や二度失敗しても歩みを止めることはないので、

確実に成功に近づいていけます。

 

 

成功できなかった人の多くは

本心から望んでなかったか、

途中で諦めただけのようです。

 

 

失敗を恐れず、前を見て進み続ける限り、

間違いなく成功に近づいていきます。

 

 


 

無料メルマガ 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

他にもいろいろ学んできた考え方を週1回配信しています。

人生をよりよくしたい向上させたいという方はメルマガにご登録ください。

メルマガ登録はこちら

 

リーズナブルな貸し会議室はこちら

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ