成功する人は学び続けている

1年や2年で差が出るのではありません。

5年、10年かけて差が出てくるようです。

 

最低でも石の上に3年と言われますが、何でもやはり年数と時間は必要です。

 時間を確認しているビジネスウーマン

あっという間に結果が出てしまう場合もありますが、それはその人が

それなりの経験を積んできただけなのです。

 

 そうでない人はまずは基礎を築いていく必要があります。

まずは何よりも必要なのが知識です

 悩んでいる2人のビジネスウーマン

 失敗する理由の一つに知識不足が挙げられています。

これはどんな世界でも言えることだと思います。

自信のなさはセルフイメージもありますが主には知識不足が原因です。

 

 人は知らないことはイメージできないですし、できません。

何をやるにも知識がないと迷ってしまいます

 腕を組む男のビジネスマンと会話をしているビジネスウーマン

よっぽどセルフイメージが高く、行動力がある人ならまだしも、そうでない人はしっかりした土台を築きながら

行動しないと、行動しているわりに成果がでなかったり、せっかく成果が出てもそれを維持できないようです。

 

 年数でなく、始めた頃よりどれだけ成長できたかが成功の鍵です

 

 何でもそうですが、新しいことをやれば成功するのではないかと飛びつく人がいますが、一つのことを極められない人が

いくら次のことをやっても長続きしません。

 

 成功する資源は外にあるのでなく、私たちの中にあります。それを活性化し磨かない限りなんどやっても同じだそうです。

 若いビジネスマンのアップ

 時代はどんどん変わっていきます。

この世に生きている限り一生学びです。

 

学びをやめたとき人は成長が止まり、衰退が始まるようです。

 

 自分の枠、考え方、パターンの外に成功があり、より自由になっていきます。

その内側でとどまると現状維持は退化と言われるように衰退がはじまり、ますます不自由になっていくのだそうです。

 

 本当の自由を手に入れるには学びながら常識を打破し行動し続けることが大事なようです。

 

【この記事を読んだ方にお勧めの記事】
成功の秘訣
幸せに成功している人
長期的な思考が成功を生む
成功のプロセス
成功者のどこを真似たらいいのか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ