成果の出る人とそうでない人の差

行動すれば成功するのか?

 

 

答えはNoです。

 

行動しなければ、成功しないですが、

 

ただやみくもに自分流で動いているだけでは、うまくいきません。

 

悩むビジネスマン

今現時点でうまくいっている場合は勝ち癖がついているので

 

どんどんやったほうがいいですし、そのままやり続けたほうがいいですが、

 

そうでない場合は何かを変えたほうがいいようです。

 

 

ただ、変えすぎるのもよくないと思います。

 

なんでもそうですが、成果が出るにはある一定期間やり続ける必要があります。

OKサインをしているビジネスマン

もしかしたら、もう少しやり続ければ、成果が出るところだったのをころころ変えてしまっては

 

実際のところがわかりません。

 

 

変えなければいけないのは成果が見込めないものであって、成果の出ているものは変えないことです。

 

いづれにしても、うまくいってない人の特徴は独学で我流でやってしまっている場合が多いようです。

 

 

自分の古い考えが捨てきれず、うまくいっている方法があったとしても、それを素直に実践できないようです。

 

頭痛で悩む女性

うまくっている場合は除いて、もっと成果をだしたければ、うまくいっている人を探し、それを素直に取り入れていくことが

 

成功の早道です。

 

 

この段階で初めから早道を探さないことです。

 

きちんと段階を踏んでやるべきことをやれば、誰でもできるようになりますが、順序をとばして、

 

いきなり大きな成果を求めると大半の人は挫折します。

 

笑顔の女性

成功者は小さな成功を繰り返せる人です。

 

小さな成功を喜べる人がやがて、大きな成果を手にします。

 

今日できる小さな行動は何ですか?

 

 

今すぐに成果につながらないかもしれませんが、いずれそれが大きな成果につながります。

 

 

蒔いたものしか刈り取ることはできない。そこに近道はない。

 

それが農場の法則。 経営コンサルタント7つの習慣 スティーブン・R・コヴイー

 

 

【この記事に興味をもってくださった方にお勧めの関連記事】
目的を明確にすれば、夢は叶う
試練・困難・変化を受け入れると成功する
目的を持って生きる
毎日できる小さな一歩

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ