朝一でやること

朝からやらなければいけないことはたくさんある人もいれば、

ないから寝坊してしまうという場合があります。

居眠りをしているビジネスマン

自分でやることを決めているか。

 

やらざるを得なくてやっていることか。

 

人から決められたことをやっているか。

 

どれをやったら人生は変わると思いますか?

肘をつきこちらを見ているビジネスウーマン

やらざるを得ないことは誰もがやっていることです。

人から決められたことだけやっていては、人生はよくならないようです。

 

 

人生を変えたければ、自分がどうなりたいか考え、自分でやることを決めることです。

今日一日、ただ何となく、すごし、忙しく終わっていませんか?

忙しいビジネスマン

目先のことばかりやっていては充実した人生は手に入りません。

その結果ストレスがたまり、残りの時間もストレス発散のために

使ってしまい時間を無駄にしてしまいます。

 

 

人生を変えるためには人生を変えるために時間を作ることです。

時間がないのでなく、優先順位の問題です。

 

 

何かをやると決めたら、そのために時間を作るしかありません。

時間を気にしているビジネスマン

それをするために何かをやめる必要があるかもしれないですし、

隙間時間を見つけ出すしかありません。

 

 

オーナーとサラリーマンのおおきな違いは人に言われたことをやっているか

自分の責任において自分で考えてやっているかの違いです。

 

 

7つの習慣の中で主体的に生きるというのがあります。

少し違ういみかもしれませんが、いずれにしても自分で考えて、

自分の責任において決断することが成功するうえで大事です。

笑顔のビジネスウーマン

サラリーマンでもオーナー思考の人は成功するし、そうでない人は

成功することはありません。

 

 

優秀だから成功するのでなく、自分でやるべきことを決められる人が成功するのだそうです。

はじめはわからなければ、成功している人に聞く、もしくはどうやっているか観察し、真似ていくことです。

 

 

自分の長所を生かしながら、成功者の考えや習慣をまね、自分のものにしていけば、誰もが成功できます。

 

 

自分を卑下するのでなく、それはそれでよく頑張ってきた自分を認め、より豊かに幸せな人生を手に入れるために

それを手に入れている人たちから、学んでいくことが大事なようです。

 

 

【この記事に興味をもってくださった方にお勧めの関連記事】
人生は私たちの思考しだいでどうにでもなる
習慣を変えれば、人生が変わる
お金の使う順番があなたの生涯年収を決める
理想の人生を生きる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ