毎朝目標にフォーカスする

財を築いて豊かに幸せになっていく人とそうでない人の違いは

 毎日行き当たりばったりで生きているか

 目標を常に意識して生きているかの違いのようです

 目標を持つビジネスチーム

 人間の脳はターゲット決めるとそれを追従し、達成するようにできているようです。

 散漫になったり、私はダメだといっているとその機能が発揮されないようです。

 

 虫眼鏡で一点に集中すると燃えますが焦点がぼけると燃えません、脳も散漫になると

 機能しないどころがいくつものことをやっているとオーバーワークで疲れてしまうようです。

 考えている若いビジネスマン

 コンピューターがフリーズをお越してしまうのと同じです。

 一日目標を意識し、それに関係すること3つに絞って実践していくといいようです。

 

 何でもかんでもやるには一日という時間はあまりにも短すぎますし、一生もあっという間に過ぎてしまい、

 何もできなかったということになりかねません。

 さし棒を持っているビジネスウーマン

 将来どうなりたいかを明確にし、そのために今日何を優先すれば、そうなるか考え、その優先順位の高い順に

 一日の時間を使っていけば、必ずそうなるようになっています。

 

 すぐに結果につならなくても塵も積もれば山となるように、

関係ないことをやっていない限り、必ずなんだかの結果につながる時がきます。

 

 時間は有限で限られています。

 その貴重な時間を何に使いますか?

 ガッツポーズをしているビジネスマン

今の時間の使い方は悔いのない使い方をしていますか?

 ただ、惰性で時間を使っていませんか?

 

 7つの習慣の中に目的をもってはじめるというのがあったと思います。

 目的のない行動は結局なにも生み出さないのです。

 

 望んだ人生を手に入れるには目的を明確にし、優先順位を決め

 毎日飽きずに続けることが大切だそうです。

 

 

【この記事に興味をもってくださった方にお勧めの関連記事】
人生は私たちの思考しだいでどうにでもなる
習慣を変えれば、人生が変わる
お金の使う順番があなたの生涯年収を決める
理想の人生を生きる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ