理想の状態を明確にする

私たちの人生がどんなものになるかは20歳までは環境に左右されるといってもいいようです。

20歳以降は漠然として生きているか自分の理想の状態を常に描いているかどうかにかかっているようです。

 

人生は気づいた時からスタートです。

ガッツポーズをして喜ぶ男性

今までは何も知らずにただ、漠然と自分の人生を浪費し続けていたかもしれません。

これからは残りの時間を充実した有意義な人生にするために目的(理想の人生 自分の理想像)を明確にすることです。

 

明確になればなるほどそれは実現可能なものになっていくようです。

そうでなければ、周りに常に左右され、振り回されて生きていくことになります。

ガッツポーズをしているビジネスウーマン

死ぬときにやるだけのことをやったという人生にするために今の能力ではできない理想の人生を描いてみてください。

それがあなたを導き、違うステージに行くことができます。

 

理想なんて叶わないと思えべそれは現実になりますし、理想は叶うと思えばそれも現実になります。

すべては認めれば存在します。

 

私たちがそれを心から信じれるようになったとき実現化するようです。

 

 

【この記事を読んだ方にお勧めの記事】

自分の人生に期待する
ネガティブ思考も必要
成功するかしないかは考え方の差
自分を成長させてくれる夢を持つ
成功の早道

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ