理解すれば理解される

 

 

 

 

 

多くの人間関係の問題は価値観の違いからくるようです。

 

自分もこうだから、相手もこうだろうとか

 

 

こうでないといけないという考えを人に押し付けようとするところからきます。

 

人は自分の思う通りに動いてくれないものと思う必要があるようです。

 

メモをするビジネスウーマン

相手の価値観と違うことをさせようとした場合、相手は無理しているか

 

我慢しているだけなのです。

 

 

人はそれぞれのルール、信念を持っていますし、

 

人それぞれ生まれてきた環境が違うのですから、それは当たり前のことなのです。

 

 

相手とラポールを築く方法として相手の世界観を理解するというものがあります。

 

メガネを上げるビジネスマン

私もこのことを理解するようになってから、奥さんとの関係はよくなったと思います。

 

以前は自分の価値観を押し付けようとしていたのだと思います。

 

 

私の例をあげるとお化け屋敷は私にとって楽しいものでも、奥さんにとっては嫌なもので、怖いものだったようで、

 

何回かは一緒にはいったことはあったのすが、よっぽど怖かったのか、別のところに行った時に

 

ねー一緒に入ろうよ入ろうよといって、腕を引っ張って行こうとしたところ、泣き出したので

 

びっくりしたことがあります。

 

ネクタイを直すビジネスマン

その時、よっぽど嫌だったんだなと思い、二度としつこく誘わないように気をつけています。

 

 

良好な関係を築くには、相手が好きなこと嫌いなことを理解し、

 

相手の嫌いなことを強要しないことだと思います。

 

人間関係のコツ

 

相手の世界観を理解し、尊重することが大事なようです。

相手に迎合するのとは違います。

人は人、自分の考えは自分の考えを大事にすることです。

その違いを認め合える関係が作れたらいいですね!

 

相手の世界観を理解する アンソニーロビンス

 


 

無料メルマガ週1回配信 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

興味のある方はメルマガにもご登録ください。

登録はこちら⇒http://goo.gl/hpauc9

公式ホームページはこちら⇒http://www.enjoy-u-free-life.com/

 

【この記事を読んだ方にお勧めの記事】

自分の人生に期待する
ネガティブ思考も必要
成功するかしないかは考え方の差
自分を成長させてくれる夢を持つ
成功の早道

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ