結果に囚われずベストを尽くす

結果を出すために頑張るのはもちろんですが、
実際結果はやってみないとわかりません。
どんな世界を見ても確率的に100%はありません。

 

何回か試せば、成功以上に失敗する可能性の方が高いようです。
完璧を目指すのはいいですが、実際完璧にはできません。

悩んでいるビジネスマン

スポーツ選手は常にそのことだけやっていますが、
それでも100点満点はなかなか出ません。

 

もし、100点が出たとしてもその時点でのベストが出せただけなのです。
また、次にやったときは100点は出せません。

 

必ず、失敗はついて回るし、結果が出せるとは限りません。
結果は意識しても、実際の結果に左右されないことが大事です。

 

毎日の積み重ねと自分のその時のベストを尽くすことが大事なのです。
結果に一喜一憂せず、ベストを尽くしていれば、今うまくいっていないということは
それでもやり続けた時期が長ければ長いほど、大きな成果につながるようです。

 

大きくジャンプするには大きく沈まないといけないように、
ある時期うまくいかない時期もあります。

 

うまくいかない時期はうまくいくための貯金みたいものかもしれません。
物事をそういう大きな視点でとらえると楽になります。

 

ただ、やり続けても途中愚痴を言ったりしていたり、
不審に思ったり、不満を言ったら減点です。

 

せっかく積み重ねたものが、もとに戻ってしまうそうです。

 

どうせやるなら、信念を持ってやることが大事です。
何を信じるかは自由ですが、この世は信じた通りになるようです。

グットサインをしているビジネスマン

どんな信念を持ってますか?

その信念は自分の望んだ人生を叶えてくれるものですか?

 

人生の唯一のプレゼントは出来事に意味はないということだそうです。

 

誰かは大変と思うことが、ある人は大変と思っていません。
私たちがどういう意味付けをするかでそれが現実になるだけなのです。

 

 


 

無料メルマガ 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

他にもいろいろ学んできた考え方を週1回配信しています。

人生をよりよくしたい向上させたいという方はメルマガにご登録ください。

メルマガ登録はこちら⇒http://goo.gl/hpauc9

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ