練習をすれば、苦手なことも得意になる

当たり前のことですが、成功する人はこの当たり前のことを
誰もがやらないくらいやっているようです。

 

 

苦手だからこそ練習をたくさんする必要があります。

苦手だからこそ、うまくなる可能性もあるようです。

笑顔のビジネスウーマン

 

最初からできてしまうと自信過剰になってしまい、練習をしなくなり、

結局、力を発揮できずに終わってしまう人もいるようです。

 

 

苦手だからあきらめるのでなく、やりたいかやりたくないかで決めるべきなのです。

 

腕を組む笑顔のビジネスマン

多くの一流スポーツ選手も、才能もあったかもしれませんが、小さい時から

誰にも負けないくらい練習を繰り返したきたからこそ勝つことができます。

 

 

スケートの金メダルを取った羽生選手はご飯がのどを通らないくらい練習したときもあったといわれています。

あまり体にはよくないですが、猛練習をしたんだなというのがうかがえます。

 

 

才能があっても練習をしない限り、開花しないで終わっていく選手もいるようです。

どれだけの時間をそのことに対して、注いできたかが成功の鍵です。

 

考えるビジネスウーマン

時間を注がないものは手に入ることはありません。

 

今日の現状は何に時間を注いできたかだでできあがっている。作者不明

 

 

手に入れたければ、時間を惜しまず、練習するしかないようです。

 

 

毎日毎日何を練習しますか?
【この記事を読んだ方にお勧めの記事】
幸せになるためのスペースを作る
思い込みを変えれば、人生が変わる
人生は私たちの思考しだいでどうにでもなる
習慣を変えれば、人生が変わる

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ