自信のつけ方

私たちは周りの目を気にするように育てられてきているそうです。

 

多くの人が人に認めて欲しい、わかってほしいと思って、

苦しんだり、自信をなくしてしまうようです。

 

自信という面では人が認めてくれようがくれまいが、

自分が自分のことを認めることが大切なようです。

 

 

そうでないと人によって左右され、信念のない人になってしまいます。

その結果、自分の望みを実現できなくなってしまいます。

 

 

人はさまざまな環境で育ち、さまざまな価値感を持っています。

違いを認め、他人を尊重することが人間関係において大事なようです。

 

 

だからといって、自分に嘘ついて他人に合わせたりしなくてもいいようです。

 

 

~すべき、~しなければいけないというように自分を縛ったり、

相手も型にはめようとしていませんか?

 

 

私たちが生まれてきた本来の理由は自分が自分らしく、

生まれたあとに身に付いたものでなく、

生まれ持ってきた状態を取り戻し、最高の人生を生ききることです。

 

 

必ず、なんだかの使命を持って生まれた来ているようです。

何かの役割を持って生まれてきているそうです。

 

 

他人の評価を気にしたり、

他人に認められるために頑張るのでなく、

自分が信じる道を行くこと

それが結果的に人のためになることがベストなようです。

 

 

人のためにというのは嘘があり、

偽善なのだそうです。

 

 

全ては自分の心が喜ぶこと、

心の声に従うことそれが本来の生き方であり、

私たちの使命のようです。

 

 

心の声に従うとまずは自分がよくなり、

そして、周りもよくなり、世界が良くなっていきます。

 

 

頭の声に従うと損得勘定になり、

争いや戦争が起こるようです。

 

 

心は自由であり、

強制も義務も制約もない世界です。

 

 

人間の心が制限や義務を作り出しているようです。

 

 

自分に無限の脳力があると信じていますか?

 

今まで自分の無限の脳力を使って達成してきたことは何ですか?

 

無限の脳力があるなら、それを十分発揮してきたでしょうか?

 

 

世の中が不景気だとしても

富は無限に存在するそうです。

 

 

現実を見て、ないと思い込んでいる人達が

いるなのだそうです。

 

 

その現実の世界を作り出しているのは心です。

 

 

富はエネルギーです。

 

 

エネルギーは見えないですが、

間違いなく存在しています。

 

 

いいエネルギーの循環を起こせば、

富は増えていくそうです。

 

 

私たちが頭でなく、心のそこから望み

時間を惜しまなければ、

何でも叶ってしまうようです。

 

 

現実しか信じられない限り、

現実は変わりません。

 

過去の延長線上で生きるしかなくなります。

 

 

現実を変えるには未来を信じる力、

今現実でないものを想像できる力が必要です。

 

 

自信は字のごとく自分を信じることです。

 

自分を信じるとは自分の中にある無限の力、

パワーを認めることなのかもしれません。

 

 

認めれば存在し、認めなければ

存在しないのだそうです。

 

 

最終的に人生がどうなったら、

自分の人生を全うしたと言えますか?

 

 

全ては自分が選択すればいいのです。

目先思うようにいかないのは

魂が成長するために必要なことと

して、受け取ったほうがいいようです。

 

 

 


 

無料メルマガ 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

他にもいろいろ学んできた考え方を週1回配信しています。

人生をよりよくしたい向上させたいという方はメルマガにご登録ください。

メルマガ登録はこちら

 

リーズナブルな貸し会議室はこちら

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ