解釈を変えれば、行動も変わる

人はできないと思ったら行動しなくなり、
失敗したらどうしようと思ったら、
一歩踏み出せなくなります。

解釈がマイナスなイメージを
持ってしまうと脳から指令が出て、
動けなくなってしまうようです。

動けたとしても体がこわばったり、
緊張して、失敗してしまいます。

そうならないためには
できる、やってできないことはない、
うまくいかないことがあっても
必ず続ければ、できるようになる

 

ダメでもともと、
失敗したってなんてことない、
またやり直せばいい
うまくいったらどうしょう
と解釈するといいようです。

 

他にも成功者の解釈を真似てみてください。

どちらの解釈をするかは私たちが
選択することができます。

例えば
営業で10件中一件しか契約が取れないとします。

売れない営業マンは
10件中一件しか契約が取れないのか
と思ってしまうようです。

 

そのために行動できなり、やめていきます。

売れる営業マンは
10件中一件契約とれる、100件もやれば、
10件も契約とれると思っています。

 

その解釈のおかげでどんどん行動して、
トップセールスになり、行動すればするほど、
プレゼン能力が磨かれ確率も高くなっていきます。

どう解釈するかで最終的に天と地ほど
差が出てくるようです。

今日からあなたもいい解釈を選択し、
心からそう思えるようになれば、
行動できるようになり、
成功するパターンができあがります。

うまくいく人とうまくいかない人に差は
脳力の差でなく考え方の差です。

行動できないとしたら、解釈(自分の中にいる
もう一人の自分)を変えていく必要があります。

 
解釈を変えることができれば、
行動が変わり、
人生も変わっていきます。

 


 

無料メルマガ 自由への手紙(幸せに成功するためのヒント)

他にもいろいろ学んできた考え方を週1回配信しています。

人生をよりよくしたい向上させたいという方はメルマガにご登録ください。

メルマガ登録はこちら

 

リーズナブルな貸し会議室はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ