「2013年12月」の記事一覧

初心忘るべからず

遊んでる少年

子供の成長が早いのは何でも興味を持ち、まだ固定概念や既成概念がなく、素直に吸収していくからのようです。 大人になるとある程度考え方が出来上がってしまうため、好奇心も弱まり、自分を変えることができなくなります。 一方で成功・・・

いきなり大きな成果を期待しない

コンピュータを見ているビジネスマン

いくら意識でできると思えてもできないという思いが出てきます。 思いと意識が戦ったら間違いなく思いの方が勝ちます。 心からできると思えるようになるためには 繰り返しできると思えるような話をとことん聞くことと 頭で考えている・・・

理想の人生

少女の読書ブック這う

人間は自分が心の底からなりたいと思ったものになれます。 そうならないのは頭でいくらなりたいと思っても心からそう思っていなかったり、 自分でない自分になろうとしているからかもしれません。   本当の自分が分かるま・・・

すべての答えは私たちの中にある

歩行者のぼやけた画像

自然災害は別として、今起こっている現実、見えているもの 感じているものは全て私たちの心の投影と言ってもいいようです。 他人の嫌な面が気に障るか気に障らないかは自分の気持ちがどのように傾いているかの 一つの指標のようです。・・・

今日という日は二度と来ない

ソファの上に横たわって疲れているビジネスマン

1日をこれといった喜びや満足感なしに、 ただなんとなく過ごすのでは人生はもったいない。パナソニック創業者 松下幸之助 今日一日ただなんとなく起きて、仕事をして、もしくはテレビをぼーっと見て、食べて、寝て、 惰性に任せて生・・・

囚われない世界

マネージャの文書を検証する

しなければいけないという言葉を使っていませんか? これは一種の固定概念(思い込み)です。 義務的言葉にとらわれています。 しなければいけないことはどちらかというと辛いことです。   今、やっていることが将来のた・・・

解決できない問題はない

後ろで同僚と考えて、若いビジネスマン

~問題があるなら、必ずその解決策もあるはずだ~作者不明 問題があれば、必ず解決策はあるようです。 この世の存在するものは人の悩みや問題を解決するために作られたものがほとんどです。   マイナスがあれば、プラスが・・・

大変とは大きく変われるチャンス

空気パンチングビジネスマン

大変とは大きく変われるチャンスなのだそうです。   人が気づきを得たり、変化を求めるときは平穏な時でなく、苦しんでいるとき 困難に直面している時です。   被害者になるのでなく、積極的態度で困難を受け・・・

夢は大きく行動は日々小さな積み重ね

アフリカ系アメリカ人のビジネスマン&ウーマン握手

【成功するために最もシンプルな法則】 努力×時間の法則、一日24時間。 成功はいかなる人にも平等に与えられた、 この24時間にどれだけ努力するかに かかっている。 人生に満塁ホームランはない。 ゴロやバントを狙え。 人間・・・

「感謝の多い人」は成功する

コーヒーとメモ

成功する人は「感謝の多い人」 斎藤一人 良いことがあったときはもちろん感謝するし、何もないときは「何もなくて良かった」と感謝する。 さらには、悪いことや人にだまされるようなことがあっても「あの人のおかげで勉強になった」と・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ